2008年 09月 20日

うさぎの島

実は一日目は大久野島に向かっていた。

ここは、廃墟好きの友人から聞いていたのと、mercyさんの写真を見てどうしても行きたかったところ。

b0130773_1255444.jpg

期待に胸膨らむ。うれしいような、不安なような、わくわく感。


ここの島は、一周しても4kmちょっとの小島。

b0130773_1281061.jpg

行くとうさぎが出迎えてくれる。(写真は悪いですが、この口がたまりません( ´艸`))

歩いても回れるのですが、この日はレンタルサイクルでゆっくり回る。
写真を撮る人は基本的に私だけで、本来みんなのペースを守るべきでしたが、
ショッキングな施設と、きれいな景色に圧倒され、完全マイペース・・・。
みんなも暴走気味の私に何も言わず・・・(・_・;)すいません。。(みんなわかっていたこと?)

こんなかわいい島ですが、実はかつては地図から抹消された島だった。

b0130773_1354395.jpg


昭和初期、ここで人を殺傷するための、イペリット中心の毒ガスが作られていた。

毒ガスは、何も知らされないまま従事していた日本人も多く被害にあった。


戦争に負けて、1946年からアメリカが約一年かけて、施設、製品を処分した。
ここは毒ガスの貯蔵庫を火炎放射機で燃やしたところ。
コンクリートの内壁が黒く焦げている。
b0130773_254039.jpg




一見、もう終わったかのように見えるこの悲劇も、実は今でも中国の人たちを苦しめていたりする。地面に埋まっているのだ。気付かず掘り起こし・・・。なんて不幸な、負の連鎖。

b0130773_1544457.jpg


ここは発電所跡で、今は何もないが、当時は島の電力を賄っていた。

b0130773_154761.jpg




b0130773_211645.jpg



b0130773_213927.jpg


戦争の悲惨さ、平和の尊さ、生命の重さをしらなければいけない。
[PR]

by tobisky | 2008-09-20 02:17 | たび


<< 好きな被写体      そのとき >>